お正月に実家に帰った時の話です。

姉夫婦の変わりに甥のりょう君の塾に迎えに行ったときのことでした。

りょうくんは受験生です。

9時くらいまで塾でお勉強していました。

車に乗せて帰ろうと思っていたら、りょう君に犯されちゃいました。

車を川原まで移動してフェラをしました。

童貞のおチ○チ○を口に入れて飴を舐めるようにペロペロしました。

根元まで咥えてあげると逝っちゃいました。

口の中に沢山出されて飲みました。

上半身裸にされておっぱいを揉みながらDキスしました。

舌が口の中に入ってきて、私の舌を舐めてきました。

受験勉強で疲れてるようなので私のおマ○コで癒してあげました。

車のシートを倒してズボンを下ろされパンツも脱がされて足を広げておマ○コを舐めてもらいました。

「はじめてみた女の人のマ○コ!」

「感想はどう?」

「すげぇ、舐めていい?」

「良いよ、好きにしていいよ」

指を入れたり、舐めたり10分くらいおマ○コで遊んでいました。

すでにビチョビチョです。

こっちが我慢できなくなって来たのでおマ○コをりょうくんのおチ○チ○に擦りくけて誘いました。

そしたら正上位で入れてくれましたもちろんゴムなんて持ってません、生で挿入れました。

結構大きかったし童貞の可愛いおチ○チ○に興奮しました。

最初はゆっくり動いていました。

それでも今にも逝きそうな顔をしていました。

「ごめんおばさん、ゆっくりじゃないとすぐ逝っちゃうから」

「いいの、ゆっくりでもりょう君が私の中に入ってくれてるから」

「あぁ・・・気持ちいい、これじゃすぐに逝っちゃう」

「いいよ逝っても」

そして私はりょう君のおチ○チ○が入ってるおマ○コをきつく締めてりょう君をいじめます。

その度に動くのをやめてしまいますが、可愛いです。

「あぁダメ出ちゃう、どこに出して欲しい?」

「好きなとこに出して良いよ、りょう君の好きなとこに」

「ああぁ・・・中に出すよ・・・あぁぁぁぁ」

「あぁ!・・・出てる暖か~い」

「あぁ・・・すげ・・・あぁ」

「まだ出る・・・すご~い」

抜いて出てくるのを待っていましたがなかなか出てきません、指で出すことにしました。

するとゼリーみたいな精液が出てきました。

二人で驚いていました。


[PR] 会員数日本最大級!老舗の出会いコミュニティサイトPCMAX(18禁)
高○を卒業したら男の子も卒業しましょう