60分21Kの店でした。

ちなみにオナ禁3日です。

店の前に来たときには心臓バクバクで、入店する勇気が持てず、1時間ほど回りをタムロ。

近くのコンビニでチ○ンピオンを立ち読みし心を落ち着ける。

ここまで来て引き返すなんて、ヘタレもいいとこだよと自分に言いきかせ入店!

フロントには愛想の良さそうなおっさんが1人居ました。

何て言えばいいか分からず、とりあえず会釈して愛想笑いを浮かべるオレ。

同じく会釈を返して、愛想笑いでオレが何か言うのを待つおっさん。

勇気出せオレ!

「え、え、と、こういうとこ初めてなんですけど、どうすれば・・・」

「あー、ハイ。こちらで9000円払ってもらって、中で12000円女の子に払ってもらいます。」

おっさん、嬢の名札がかかったプレートを示す。

あれ、写真とかで選べないの?

「こちらの中から女の子を選んでいただくのですが、今はこの××さんと、○○さんの2人しか居ないんですよ。」

ま、まぁ今は午後4時だしな。

チキンなオレは、2人の特徴も訊けず「じゃ、じゃあ××さんで…」とキョドりながら答えるのであった。

そして奥の方で待つように言われ、いざ待機。

緊張と不安と期待でガタガタ。

10分後、「××でーす。」と通路のカーテンに人影が!

そして嬢と対面。

第一印象はなんつーか、友達のお母さん、近所のおばちゃんって感じ?

年齢は34、5辺りで、ポチャってました。

あの顔は…スッピンはキビしいだろうなぁ。

まぁAVは四十路モノとか好物で耐性もできてるので、ありでした。

「それじゃついてきてくださーい。」と言われ、「今日外寒かったでしょ?」などと軽い世間話をしながら部屋へ。

ここら辺で震えは少し収まり、心にも若干余裕ができてきました。

それで部屋到着。

有線のラジオがかかってました。

上着をかけてもらい、ベッドに座るよう促され、嬢はお風呂にお湯を張りに。

冷蔵庫があって、「何か飲むー?」と聞かれたので、リ○ルゴールドを頂きました。

そして、嬢もオレの隣に座りしばし雑談タイム。

カミングアウトするなら今しか無ぇ!

「実は女の人するの初めてなんですよ…」

「マジで?すっげぇドキドキしてるでしょ?」

「もうすぐ二十歳になるんですけど、ヤラハタになっちゃうんで…」

「アハハハハハハ!!えーでも、モテそうな顔してるよね?」

定番のお世辞でも言われるとうれしいです。

お風呂にお湯溜まるまでの間、そんな感じで雑談してました。

そして脱衣。

気付かなかったけど、けっこう胸でけぇ。

あーでもEは無かったかな?

しかし女体を見ても緊張で勃起しないティ○ポ。

「はーいお風呂入ってあったまってー。」

湯船に入るよう言われ、歯ブラシとコップを手渡される。

普通より浅めで、健康ランドの寝風呂ほどじゃないけど、あんな感じの横になる湯船でした。

で歯磨きしながら、回りを見渡す。

あ、あれがマットか。

で、アレがローション。

ていうかこの風呂オレ以外の人間入りまくってるんだよな…。

なんてことを考えてると、マットをセッティングし終わった嬢が、オレの股の間に入ってきました。

肌が触れ合う。

やわらけぇ!!

「ちょっとお尻あげてねー。」

言われるがままに腰を突き出す俺。

パクリ。

うおおおおおお、これがフェラかああああああ。

亀頭を中心にニュルニュルと攻められる。

あったけぇ。

緊張で勃起してなかったティ○ポが少しづつ勃起しはじめます。

そのまましゃぶられつづけ、ティ○ポが臨戦態勢に入りました。

「ん、こんなもんかな。じゃあマットしようか?」

というわけで、マットに移る。

うつぶせになり、ローションを塗られ、全身リップ。

うわああくすぐったい。

グチュグチュと胸も押しあてられる。

エロいなぁ。

でも気持ちいいんだけど、ティ○ポはしぼみました。

そして今度は仰向けに。

オレの乳首の上に乳をもってきて、乳首と乳首がこすり合わせる。

すっげぇ!!

そして乳首から始まり、腹、腰、ヘソとリップ。

あえぎ声が出るオレ。

そのままフェラに。

しぼんでいたティ○ポがムクムクと大きくなる。

玉袋も吸われました。

アレ、結構気持ちいいんですね。

しごかれたりもされたんですけど、嬢の付け爪が当たってくすぐったかったです。

で、今度はシックスナインに。

しばらくしゃぶってもらってたんですけど、オレが何もしなかったからか、顔にマ○コが押し付けられる。

いいのか、いいんだな。

えーいままよ!とクンニ。

薄暗かったし毛も濃かったので、場所が分からず、ヤマ勘で舌を突っ込む。

ここだ!

嬢の初喘ぎ。

ぜってぇ嘘だよ。

何かすっぱい!

どれが小陰唇でどれがクリト○スだ?ていうか正直辛いです。

それに押し付けすぎで最初息ができなかった。

しかし一応やっておくべきだと思ったので、舌をつっこんではひっこめるを繰り返す。

そして嬢がまた位置を変える。

このとき、いつの間にかゴムが装着されてることに気づく。

うわ、スレに書いてある通りだよ。

本当にいつ装着されたのか分からなかったなぁ。

でティ○ポもビンビンになってたので、騎乗位で挿入。

ヌググって感じで膣内に進入するティ○ポ。

おおお、これが女の人の中か…あったかかったです。

でも思ったより気持ち良くない。

本当にこんなものかって感じでした。

正直家で作った片栗粉XやV○nnyの方が…

とりあえず嬢に動いてもらいました。

う、うーん。

あまり気持ち良くない。

自分でも腰を振ってみたり、乳をいじったりしゃぶったりしました。

しかしいまいち良くならない。

ので体位変更を申し出るオレ。

「あー、じゃあベット行こうかー。」

ベッドではまずは正常位やってみました。

しかし、騎乗位より気持ち良くないし、そもそも激しく動いたら抜けそうだ。

仕方ないので腰はあまり動かさず乳をいじったり、抱きついたりする。

再び体位変更。

バック。

正常位よりも気持ちいいけど…やっぱりなんかなぁ。

ここでティ○ポがフニャフニャになり、抜けてしまったので、フェラしてもらう。

そして結局騎乗位に戻ってもらいました。

ここら辺で焦りも出始め、余計集中できない悪循環。

おまけに時間10分前を知らせる(多分)電話のコールが!

うわあああああ!

しかし、ここで奇跡的にも位置をずらし、もっと亀頭こすらせると気持ちいいことを発見。

嬢の腰を振るタイミングにあわせ、オレも腰を調整させる。

お、お、き、気持ちいいぞ。

ううううイク!!!

何とか時間内に射精達成!!!

繋がったまま動きを止めてる嬢の胸を軽く揉むオレ。

嬢が文字通り玉のような汗をかいていることに気づく。

す、すいません…。

「出た?」

「は、はい…」

「でも全然初めてって感じじゃなかったよ。」

「いやいや、ホントに初めてなんですよ……」

「えー、だって腰動かすのだってアレだよー?」

「そうですかねぇ……」

賢者状態に入ってるオレは、最早どうでもよくなっていた。

その後また湯船に入って、うがい薬の入ったコップを渡される。

そしてCCレ○ンをもらって、適当に雑談しながら服を着る。

最後に「一応名刺渡しとくね。」と名刺をもらい、出口まで送ってもらいました。

初めての性体験が、何とか白星で終わってよかったです。

当たりの嬢に出会うことができたので幸運でした。

「緊張でイケないとかウソだろ。」と思っていたんですがマジだったんですね。

しかし今回童貞を捨てたことで、自分の中の性に対する価値観が確実に変わりました。

捨てる前までは、割と処女厨だったんですが、今は別に処女じゃなくてもあまりショックを受けないというか、何て言えばいいんだろ…

そしてソープで捨てたとはいえ、妙な自信も湧いてきました。

あのとき引き返さずに行ってよかったです。

結論としては、「金があって卒業予定が無いなら早めに行こうぜ!」

乱分・長文失礼しました。