まさか昔から仲が良い幼馴染と、エロ漫画みたいなHな事するとは思わなかった。

幼馴染の名前は、理沙。

理沙とは仲良しで同じクラスだった。

学校では変な噂を立てられるのが嫌であまり話をしなかったが、夜は携帯で2時間以上長話をする事もあり、親からもよく怒られてた。

会って話をする事もあったが、何か照れくさいので電話で話す方が多かった。

この頃は彼氏・彼女の感覚はなく、幼馴染という独特の空気感に包まれてた気がする。

そんなある夏の日の夜、小さい頃によく理沙と、お医者さんゴッコしたって話で盛り上がってた。

お互いアソコも毛がなくてツルツルのパイパンで、意味も分からず触り合いっこして遊んでて。

てな話をした翌日の休みの日、家から車で1時間くらいで行ける温泉に家族と出かけた。

温泉に着いてすぐに大喜びで露天風呂に行ったら、そこに何と理沙の姿があった。

いやぁビックリしたよ。

混浴だった事にもビックリしたけど、タオル1枚の理沙の姿を見た時には体が固まった。

理沙も俺の姿を見つけた瞬間に心臓が飛び出るかと思ったらしい。

日が暮れるちょっと前で明るかったからすぐ分かった。

どっちもタオル1枚。

いつもスケベな話してるのに、何かお互い近寄れなくて、最初は「何だよお前」「何よあんたこそ」みたいな会話から始まったんだけど、なぜかお互いにそこに留まったままで動こうともせず(笑)

次第に慣れて、やっと隣に座って話ができた。

でも昨日、お医者さんゴッコの話したばかりだよ。

お互いに記憶にないわけがないし。

俺の視線はタオルの上から、つい色んなとこに行っちゃうわけで。

「何見てんのよ、このスケベ」

「見てるわけねえだろ、このブス」

ってな会話をしつつ、人の来なさそうなところを目で探す。

何とか理沙の裸を見てみたい。

今なら誰もいないし俺も見せるって言えば、ひょっとして理沙だったら見せてくれるかななんて考えてた。

「なぁ理沙、ちょっとちょっと」

大きな岩場の陰に良さそうな場所があったので、理沙の手を引いて無理矢理そこへ連れて行く。

「変な事したら大声出すわよ」と言われ、ちょっと引いてしまった。

けど、ここは頑張って男の欲望を達成したい。

そんな事考えてたら理沙が突然、「昨日の続きしたいんだろ、スケベ」と言い放たれた。

俺がキョトンとしてたら、理沙が俺の腰に巻いてたタオルを取りやがってチ○コ見られてしまった。

慌てて手で隠したら、その姿を見てゲラゲラ笑う。

理沙からタオルを取り戻し、悔し紛れに「ちっきしょー、お前のも見せろ」って言ったら、理沙が突然女の顔になって「見たいの?」って言いやがった。

不覚にもドキドキした俺が悔しい。

つい子供みたいに、「うん」って言ったら、理沙がフフって笑って体に巻いてるタオルをつまんで、一瞬だったけど前を開いた!

ビックリした!

ホントにビックリしたわ。

一瞬とはいえ、まさか見せてくれるとは思ってなかったし。

ちょっとだけ見えた体は、かなり色白。

イヤ、ホント。

胸もそれなりにあって、薄いピンクの乳輪や乳首まで確認できた。

んで、追い討ちを掛けるように俺の耳に顔近づけて「今日もお医者さんゴッコする?」って言いやがった。

それを聞いて俺、クラっときた。

鼻血出そうになった。

チ○コも半勃ち。

でも当時、幼馴染だからこんな事言えたんだろうな。

クラスの男子には絶対に見せないような顔だったし。

「ねえ、私まだ覚えてるよ。朝顔の蕾みたいな亀頭」

「それは幼○園の頃だろ!今は違うよ!さっき見ただろ?」

「あっははは」

「笑ってんじゃねえよ。恥ずかしかったんだぞ」

「ちょっと待ってて」

理沙が腰掛けを2つ持って来た。

「じゃあ、私がお医者さんやったげる」

理沙が周りをキョロキョロ見渡して、誰もいないのを確認した。

「ハイ、そこに座って」

俺は理沙の持って来た腰掛けに座った。

高○3年生同士が向かい合って座り、お医者さんゴッコ。

しかもタオルを巻いてるとは言え、2人とも裸。

恥ずかしくて理沙をまっすぐに見れない。

「こら、お医者さんの方を向きなさい」

「…」

何か照れくさくて下を向いてると。

「何よ、さっきの勢いはどこ行っちゃったのよ。こっち向きなさい」

「…」

「ハイ、おち○ち○の検査するので、見せて下さいね~」

理沙が俺の膝頭を掴んで、足を開かせようとする。

理沙が姿勢を低くすると胸の谷間らしきものが見えるし、足を動かすと太ももとタオルの隙間から陰毛まで見えそうになる。

一気に体中の血液が海綿体に向かって流れた。

「ちょ、ちょ、いきなりかよ」

俺は勃起したチ○コを必死に隠した。

「何で?」

「診察とか問診とかあるだろ」

「なぁにこの人、ちゃんとお医者さんゴッコしようとしてるの?あははっ」

成長してからのお医者さんゴッコは、男が不利だと痛感した。

「お前、何科の医者だよ」

「そうねえ…内科、いや泌尿器科!!」

「泌尿器科?」

「そう。だからおち○ち○見せなさい」

「恥ずかしいだろ」

「でもお医者さんゴッコって、結局目的はソコでしょ」

「まぁそうだけど…」

「さぁさぁ、どうされたんですか?」

もうすっかり理沙のペース。

「ちょっと…チ○コが変なんですけど」

「ハイ、じゃあ見せて下さい。タオルも取って」

「今、あんまり見せたくない状態なんだけど」

「何言ってるんですか。早くしないと病気治りませんよ」

「いいのか?見せても」

「もちろんです。見ないと診察出来ませんよ」

しぶしぶタオルをどけて足を開くと、いきり立ったものがブルンと顔を出した。

理沙は一瞬「キャッ」と言ったが、目は泳ぎながら顔を俺のチ○コ10cmくらい前まで来た。

理沙の息が掛かり、俺はゾクっとした。

理沙は照れながら「おっきくなってますね~。腫れてるのかな?ちょっと触りますよ~」

理沙の指が俺のカチカチのチ○コに触れた。

「あっ」

「なぁに今の声?」

「いや、何でもねえよ」

あまりの気持ちよさに、思わず声が出てしまった。

「ねぇねぇ、何でこんなにおっきいの?」

「何でって…お前知ってんだろ?」

「ううん、知ーらない。フフッ、ねぇ、いつもこんななの?」

「いや、エッチな事考えた時と、朝だけ」

「朝?」

「うん、朝」

「何で?」

「分かんない。けど朝は立ってる」

「学校行けないじゃん」

「いつの間にか小さくなってる」

「授業中にこんな風になる事あるの?」

「たまに」

「えっ、あるの?大変じゃん」

「それもいつの間にか治まってる」

そう話しながらも、理沙は楽しそうに俺の陰茎や玉袋をマッサージするように触ってる。

それにしても気持ちいい。

興奮してきた。

「ちょっと患者さん、息が荒いですがどうされました?」

理沙が色んなところをモチョモチョ触ってくるので、変な気持ちになってくる。

「ちょ、ちょっと待って、それ以上されると…」

「何ですか?これは診察ですよ」

「出そうなんで…」

「何が出そうなんですか?」

「精子」

「それは出しちゃった方がいいですよ」

「いや理沙、ちょっと待って、マジで」

「私は理沙ではありません!お医者さんですよ!」

「いや、あの…」

「じゃあ患者さん、普段はどうやって精子を出してるんですか?」

「え?」

「え?じゃありません。ちゃんと答えて下さい」

「えっ、オ、オナニー…」

「キャーキャー!!」

「お前医者だろ?キャーって何だよ!」

「あ、そうだった。週にどれ位してるんですか?」

「えっ、毎日…」

「毎日してるの!?」

「しゃあねえじゃん。理沙としてるとこ想像しながらしてる」

「それってもしかしてこんな風にするの?」

「あっ、あっ」

理沙が俺のチ○コを上下に手コキするマネを始めた。

「ストップストップ。マジでストップ!!」

理沙が嬉しそうな顔でこっちを見てる。

「何でそんなやり方まで知ってんだよ」

「いつもクラスで男子がやってるじゃん。手を上下に動かして」

よく見てるなと思った。

しかしもうちょっとで射精するとこ見られるとこだった。

危ねぇ危ねぇ。

「では精子の検査します」

「え?精子?」

「泌尿器科ですから」

「マジか?」

「マジですよ」

「でもこのままだと出ないぞ」

「え?そうなの?どうすればいいの?」

「シゴかないと・・・」

「してみてよ」

「え?ここで?」

「ここは診察室ですから誰もいませんよ」

「何でいきなり医者に戻るんだよ」

「出るかなぁ」

「頑張ってみてよ」

「よし、よく分からんけどやってみるか」

「出たらどう飛ぶの?」

「多分・・・」

理沙は目をキラキラさせて俺のチン○を見ている。

なかなか出ずに時間だけが流れて行く。

「出ないね」

「うーん、もうちょっとなんだけどなぁ」

「…」

「…」

「あ、出そう」

チン○の先からいきおいよく精子が飛び出した。

理沙がキャーキャー言いながら見てる。

「すごぉい。こんな風に飛ぶんだー。面白ーい」

「・・・・」

射精したらだいぶ勃起も治まったので、腰にタオルを巻いて理沙の好奇の目からチン○を保護した。

「さて、今度は俺がお医者さんやるから座って」

「えー?もう終わり?つまんない」

何とか立場が逆転した。

腰掛けにちょこんと座っている理沙をジッと見た。

よく見ると結構可愛い。

「…」

「なぁに?急にジロジロ見だして」

「お医者さんですから」

「何か目つきがいやらしいよ」

「何言ってるんですか!ここは医療現場ですよ」

「そんなに見られたら恥ずかしいよ」

「患者さん、タオルが邪魔です。取って下さい」

「え??」

「タオルを取って、こちらに下さい」

「え?タオル取っちゃうの??」

「それ取らないと診察出来ないですよ」

「えーっ…恥ずかしいもん」

「さっきの患者さんは素直にタオル取ってましたけど?」

「そうだけど…もう…」

しぶしぶ理沙はタオルを取ってこっちに渡した。

取られないよう、俺の後ろに理沙のタオルを置いた。

理沙は手で胸とアソコを隠して体を窄(すぼ)めている。

全裸の理沙。

いやぁ、やっぱ可愛いわ。

それにエロくって、俺…物凄い興奮状態。

「もー恥ずかしいよー!」

「病院で恥ずかしいはないでしょう。診察ですから」

「ねぇ、それ…またおっきくなってるんだけど」

「患者さんは余計な事言わないように」

「…早くしてよ、もう…」

「分かりました。今日はどうされました?」

俺はふんぞり返って足を組み、冷静を装って理沙に聞いた。

「ところで何科のお医者さんなの?」

「泌尿器科です!!」

「スケベ!」

「だってお前だって泌尿器科だったろ」

「え?…どうしても泌尿器科?」

「お前が言ったんだろ。お医者さんゴッコの目的はソコだって」

「まぁ…言ったけど…でも女性は泌尿器科って行かないんだよ」

「なら、どこ行くんだよ」

「…産婦人科…」

「何科でもいいよ。さて、どうされましたか?」

「お腹が痛いんですけど」

「え?俺ん時はいきなりチ○コの検査してただろ」

「そうだけど…恥ずかしいなあ…」

「さぁ、今日はどうされました?」

「あの…アソコが変なんですけど…」

そう言うと、急に理沙が下を向いて恥ずかしそうにし始めた。

みるみるうちに理沙の顔が赤くなっていくのを見て、俺は思わず意地悪したくなった。

俺の中の悪魔が顔を出した気分。

「アソコってどこですか?」

「え?…ここ…です…けど」

理沙が指で自分の股間の辺りを指差した。

足を閉じてるので割れ目は見えていない。

「そこは何ていうところですか?」

「えぇ?言わせるんですか?」

「言わなきゃ分かんないですよ。カルテも書けませんし」

「……」

理沙が耳まで真っ赤になった。

いやぁ、とっても気分よかった。

「ハイ、言って下さい」

「…ンコ…」

「はい?よく聞こえませんでしたが?」

「もう…マ○…コ…です」

いや、射精しそうになったよ。

マジで。

理沙は首筋まで赤くなってる。

ホントに可愛いなぁと思った。

「じゃ、足開いて見せて下さい」

俺は理沙の足を開かせた。

実はこの時、胸ドキドキで喉カラカラ。

「キャッ」

慌てて理沙はアソコを手で隠した。

「隠したら見れませんよ。手をどけて下さい」

「恥ずかしいもん」

「えっ?さっきの患者さんは…」

「分かったわよ!もう…」

しぶしぶ理沙は手をどけた。

もう…何と言うか…ホントに美しいものを見た気分。

もちろん俺のチ○コはヘソにつきそうなくらい勃起してる。

薄ピンク色に縦スジ1本だけの割れ目。

その上に陰毛が生えてて…もう大興奮。

「俺より毛が少ないな」

「恥ずかしいからあんまり見ないで…」

「ハイ、ではちょっとだけ触りますね」

「え?触るのはイヤ」

「お前だって俺の触ったじゃん」

「そ、そうだけど…」

「はい、では診察しますよ。ちょっと腰を前に出して」

俺は両手の親指で理沙の割れ目を開いた。

「キャッ、いやぁ…」

何かピチャッというような音が聞こえたような気がする。

しきりに隠そうとする理沙の手を何度も払い除けた。

何度かそんなやり取りがあった後、やっと諦めたようで抵抗しなくなった。

今思い出すと小陰唇も綺麗なピンク色だった。

まだちっちゃめのクリト○スも見えて、とにかく可愛らしいマ○コ。

気になったのは、左右の小陰唇の間に糸を引く液体があった事。

「ちょっと、患者さんにもネバネバした液体があるじゃないですか」

「……」

俺はそれを指で掬い取り、匂いを嗅いでみた。

「ちょっとぉ、匂い嗅いじゃダメ」

「膿ではないようですね。じゃあ、さらに診察します。隠さないでね」

俺は小陰唇を触ったり、クリト○スを触ったり、生えてる毛を摘んだりした。

コリっとしたものを触ると理沙の腰がモゾモゾ動く。

「どうされました?動かないで下さい」

物凄く理沙の息が荒くなってきた。

「患者さん?息が荒いですよ?それにヌルヌルしたのがたくさん出てきましたけど?」

「……」

いつの間にか理沙が無言になってた。

オレはちょっと硬くなったクリを指先でこね回した。

「やぁん…ねぇ…ちょっと…」

「先生に向かって、ねぇちょっととは何事ですか!」

理沙の腰が左右に動く。

「触り方が…いやらしいんだけど…」

「これは診察です!患者さんは静かに」

理沙のマ○コがどんどん濡れてくる。

「ダメ…もう…」

俺もここまでにしようと思った…がさっきの仕返しをしたくなった。

「患者さんは週にどれくらいオナニーしてるんですか?」

「するわけないじゃん!バカ!!」

「さっきの患者さんは正直に答えてましたよ」

「言えるわけないじゃん、女の子だよ私」

「え?言えるわけない?…」

理沙があっ…て顔になった。

「……」

「……」

下を向いてた理沙が上目遣いに俺を見てきた。

目にいっぱい涙を浮かべている。

可哀想でこれ以上は聞けなかった。

すると理沙が、「ねぇ、私の事どう思ってる?」

「・・・好きだ。四六時中、理沙の事思ってる」

「・・・私も」

「なぁ理沙・・・したい」

「えっ?」

「理沙と1つになりたい…」

「・・・いいよ。でも条件があるの」

「なに?」

「私をお嫁さんにしてくれる?私、初めての人が旦那さんになる人に、処女をあげたいの」

そう言うとさっきみたいに理沙が俺のチン○を触りだした。

理沙がちょっと足を開いてるのでマン○がモロに見える。

「分かった・・・。理沙、俺と結婚してくれ。一生、大事にする」

まだ高○生だけど、俺は理沙の目を見つめながらプロポーズした。

「ねぇ。部屋に戻りましょ」と、理沙が言ったので、風呂を上がった。

理沙を先に上がらせ、俺は岩場の陰に隠れて勃起が治まるのを待ち、やがて俺も家族の元へ戻った。

それからというもの、夕食でも理沙の家族と隣のテーブルになるし、旅館の至る所でバッタリ会うしで恥ずかしいの何の。

しばらくは恥ずかしくて、顔をまともに見れなかった。

家族旅行が終わり数日後、俺と理沙はお互いの両親に結婚の話をした。

どちらの親も驚いていたが、最後は認めてくれた。

高○卒業と同時に入籍し、結婚式をした。

そして新婚旅行は熱海にした。

車の免許も取っていたので、親の車を借りていった。

伊豆の名所を巡りながら、宿泊先の熱海へ。

ホテルに着くと、俺にはある目的があったため、理沙を外へ連れ出した。

それは熱海秘○館へ行く事。

実はまだ、俺達は結ばれていなかった。

今晩の新婚初夜にムードを促すため、行く事を決めていた。

秘○館に入るとそこには・・・。

興奮冷めやらずのままホテルにチェックインし、夕食・風呂を終え、そしていよいよ初夜を迎えた。

「・・・理沙。お前が欲しい」

「一生大事にしてね」

「分かった」

俺は理沙を布団に寝かせ、浴衣を脱がした。

そこには下着を着けていない産まれたままの姿が。

俺も浴衣を脱ぎ、理沙の身体に覆い被さった。

濃厚なキスをした後、理沙の全身隅々まで愛撫した。

あの温泉以来の理沙のおっぱいとオマ○コ。

俺は乳房を揉みながら乳首を吸った。

初めて吸った乳首。

だんだん固くなり立ってきて、俺は吸いまくった。

すると理沙の手が俺のチ○コを触り、握ってきた。

不器用に上下にしごいてくれた。

俺は我慢出来なくなり、理沙の脚を開げマ○コを愛撫し、亀頭をを膣口にあてがった。

「理沙、入れるよ。痛かったら言えよ」

「うん…分かった。これから私達1つになるんだね」

そう言うと理沙は目を瞑り、俺のを迎え入れた。

ゆっくりと亀頭が膣内に消えていく。

理沙は少し歯を食いしばっていたが、ついに根元まで入った。

「理沙、全部入ったよ。1つになったよ」

理沙はうっすら涙を浮かべながら、「うん、1つになった。私達繋がっているんだね」

俺は理沙と繋がっているところを肉眼で見せたくて、対面座位の体位にし、理沙に自分のマ○コがどうなっているか見せた。

「・・・入ってる。本当に繋がってる。1つになってる」

「なぁ理沙、俺はこの日のために1週間オナニーをせず精子を溜めこんだんだ(笑)今から1番濃い精子をお前の中に出す。俺の子供を産んでくれ」

「うん、いいよ。今日、排卵日だから」

そして再び正常位に体位を変え、腰を振った。

奥へ奥へと突きまくった。

理沙の膣がチ○コ全体を絞り、射精を促す。

俺はついに我慢出来なくなり膣奥へと射精した。

俺、脱童貞、初中出し。

理沙、処女喪失、初中出され。

お互い初体験。

しばらく余韻に浸った後にチ○コを抜き、俺は理沙の下腹部に顔を当て、「今、俺の精子が理沙の卵子に向かって泳いでるんだな。子供欲しいなぁ」

理沙は優しく俺の頭を両手で押さえ、「うん、赤ちゃん出来るといいなぁ」

その後、勃起が治まらない俺は、精子が出なくなるまで抜かずに子作りをした。

数か月後、見事に妊娠発覚。

ハネムーンベビーだ。

そして現在、家族7人(+お腹の中に子供が)仲良く暮らしてます。

今でも生理や妊娠初期を除き、毎日子作りしてます。