僕がK2の頃、『携帯で適当な番号を打ってメールをする』という遊びを皆でやってた時の体験談です。

通ってたのが男子Kだったのもあって、「あわよくばこれを機に出会いを…」という目的だったのですが、ほとんどの場合、数回リアクションがあってもその後続く人はいませんでした。

まぁ、それが普通というか賢明です。

それは僕も例外なく、一時の暇潰しくらいに思ってたんですが、ある日都内の大学2年生の子と意気投合し、連絡を小まめに取るようになりました。

その子(カヨ)は中央線沿いの某中堅私大生で、大学近くに1人暮らしをしている子でした。

実家暮らしの高○生からすれば「女子大生、1人暮らし」という情報だけでテンションが高まって、その後しばらくメールをし、電話をするようになり、実際会う事になりました。

「梨○似って友達に言われる」って言ってましたが、それは期待してはいけないと思い、ただ「どんな人か見てみよう」といった程度の気持ちで待ち合わせ場所に向かいました。

そして駅に着くと、そこにいた子は凄く胸の大きい子でした。

夏だったので格好はTシャツにデニムのミニスカ、ミュールだったのですが、Tシャツが完全にキツい感じで、男だったら見てしまうであろうサイズでした。(後で聞いたらGカップでした)

顔は梨○とまではいかないまでも、ハーフっぽい顔立ちで、予想よりは全然可愛い子でした。

当時まだ童貞だった僕はその姿だけでも刺激が強く、さらに甘い香水の匂いでやられ、「この子とエッチしたい…」と思ってました。

それは年下好きといっていたカヨもそうだったようで、それから何回か会った頃、彼女の家に遊びにいく事になりました。

もちろん僕の気持ちは高ぶり、それなりの期待をしてました。

彼女の部屋は1Kの狭い部屋で、布団しか座る所がなく、僕らはそこで他愛のない話をしてたんですが、突然彼女が僕に寄りかかってきて、僕は慌てて彼女の肩を抱きかかえました。

そんな状況に童貞の僕が耐えられるわけもなく、甘えられるだけであっという間に勃ってきてしまいました…。

僕は「やばい…」と思いつつも、気づかれないようにすれば大丈夫だろうと思ってましたが、その日はかなり薄い生地のハーフパンツを穿いていた為、徐々に隠せない状態に…。

それを見た彼女は何も言わず、ハーフパンツの上から撫でるように触ってきました。

ハーフパンツの上からと言っても、女の子に触られるのが初めてだった僕の興奮は高まり、一気にエロい気持ちに…。

そしてしばらく触られた後、「脱がしちゃおう」とカヨは言い、チャックを下ろされ、トランクスの中に手を入れてきました。

手で触られた瞬間、心地良さに「ウワッ…」と思いましたが、声を出すのも格好悪いので我慢し、しばらくその状態で軽くしごかれてました。

そしてかなり気持ちよくなってきた頃、彼女は「脱いじゃって」と言ってきたので、少し恥ずかしいと思いながらも一気に全部脱ぎました。

Tシャツを着て、下半身丸出し…。

最高にダサいです。

しかし、そんな事を気にしてる余裕もなく、彼女はそのまま口で舐めてきました。

彼女の舌使いは童貞の僕にはとてもエロく感じ、それが数分続き、咥えられる頃には既にイキそうになってました…。

そして、彼女が口に咥えて軽く上下に動き始めてから、わずか2~3分でイカされてしまいました…。

その後、カヨのGカップの胸を堪能しながら童貞を捨てる事になり、その日以来サルのようにカヨとエッチをする日々が続きました。