俺がK3の時の話

当時俺は好きな子がいた。

その子は部活の後輩で、初めて付き合いたいと思った子だった。

しかし、それまで恋愛経験ゼロだった俺は自分ではどうしていいか全くわからない状況だった。

そこで、当時バイトしていた飲食店の先輩(一個上の女)に相談してアドバイスをもらうことにした。

その先輩とのちょっとした話をしようと思うのだがどうかな?

あんまりエロくないかもしれないが先輩に相談してから数ヶ月後、俺は無事に彼女と付き合い始めることができた。

先輩にお礼を言うと、是非写真かプ○クラを見てみたいというので次のバイトの日にプ○クラを見せることになった。

当日―――

「加藤くんプリクラ持ってきてくれた?」

「はい!!ちょっと待ってください」

財布からプ○クラを出した俺。

「これです。これ」

差し出した先にあったものはプ○クラではなくコンドームだった・・・。

「加藤くん・・・これは・・・あの・・・」

「すみません!!ごめんなさい!これはあの・・・違うんです!べつにわざととかじゃなくてあの・・・」

頭の中が真っ白になって言い訳すら思いつかない・・・。

これではタダの変態だ・・・バイト先に言いふらされたら・・・。

なんで掴んだ時点で気づかなかったんだ・・・。

などと考えてたら・・・。

「男の子の責任だもんね。えらいえらい!で、プ○クラは?」

「え!あっ!はい!!こっちですこっち!!」

そんなこんなでその場は軽く流してもらえた。

女性との友人?関係というのも経験浅かった俺は、しばらくショックで先輩に話しかけられなかった・・・。

それから一週間くらいした頃、バイト先の休憩室でたまたま2人っきりになった。

俺はずっとコンドームの件を謝ろうと思っていたが、そんな話をまた女性の前ですることを想像しただけで恥ずかしくて恥ずかしくて実行に移せないでいた。

さすがに休憩室で2人でギクシャク話していて先輩も気まずくなったのか・・・。

「加藤くん・・・この間のこと気にしてギクシャクしすぎ(笑)」

・・・と、わざわざ話題振ってくれた。

俺はタイミングを逃さず・・・。

「あの時は失礼なことして本当に申し訳ありませんでした。これからもアドバイス頂けたら嬉しいです」

やっと謝れた・・・一週間の重荷が取れた・・・。

しかし、待っていたのは思いもよらぬ言葉だった。

「加藤くんは誠実だねぇ。あのさ・・・私も相談があるんだけど・・・いいかな?」

「はい?なんでしょうか?」

「あのコンドームもらってもいいかな?」

「え?」

意味がわからなかった・・・。

とりあえず休憩が終わるのでバイトが終わった後にファミレスで詳しく聞くことになった。

バイト終了後、ファミレスへ。

バイト中もずっと考えてたけど、やっぱり意味不明だった・・・。

エロいことも考えたけどコンドームくれとは言わないだろ・・・と自分の中で否定したりとバイト中ずっと半立ちだった。

「さっきはごめんね・・・変なこといって・・・実はね・・・私の彼氏は付けてくれないんだ・・・それで、私が買ってきたら付けるっていうの・・・でもすごい恥ずかしくて買えないの・・・」

付き合い初めたばかりの俺からすると生でやってる先輩を想像するだけでフルボッキだったけど、若い俺は・・・。

「コンドーム買わない男なんて最低じゃないですか!!子供できちゃったらどうするんですか?養えるんですか?働いてない身分でそんなことダメですよ!!そんなろくでもない男別れればいいんです!!」

激アツな男児でした。

「やっぱり加藤くんは誠実だね(笑)」

「普通です」

「でも彼女の前だと野獣なんでしょ?」

「いや・・・まだ・・・付き合ったばかりだし・・・一年くらいは様子みないと」

「一年!?」

当時俺は本気で一年後もしくはさらに後でもと考えていた。

「真面目すぎ(笑)」

「じゃあどのくらいが最適なんですか?」

「ん~3日か」

かなり脱線していたので話を戻すことに・・・。

「コンドーム買うにしてもサイズは俺と同じでいいんですかね?」

考えるとこの質問は俺から誘ったようなもんだよな・・・。

「サイズ?フリーサイズじゃないの?」

「違いますよ。服と同じでサイズありますよ」

ちなみにこのコンドームは初買いだったので緊張してサイズなんか見なかった俺www

「・・・加藤くんの見たことないからわかんないよ(笑)」

「いや俺も彼氏さんの見てないからわからないですよ・・・」

「どうしようか・・・」

「俺の見ればなんとなくわかりますかね?(真顔)」

ちなみに俺は真剣に相談に乗ってるので恥ずかしさとかエロさは考えてなかったwww

「加藤くん・・・真剣すぎ(笑)」

「あっ!すみません。意味わかんないこと言ってますね!」

「じゃあ見せてもらっちゃおうかな~(笑)」

「!」

突然自分の言ったことのエロさに気づいた!

ファミレスを後にし、2人で近くの公園に・・・。

ここは森の中にあるアスレチック公園で、夜は野外プレイの名所だということは後で知った。

公園に向かう間心臓バクバク!

先走り汁ドクドク!!

だが不安だったのが俺が粗珍であるということ・・・。

暗がりだと見えないということで街灯の下にある遊具に場所を確保。

「じゃあ・・・加藤くんの象さん見ちゃおうかなぁ」

早々とズボンを脱がされる。

「わぉ!!」

「う゛ぉ!!」

あまりの緊張萎えていた・・・。

元が小さいのにさらに縮こまっていた・・・。

「緊張してるのかなぁ?可愛い小象くん(笑)」

・・・と、ペロペロ舐め始めた。

小象はすぐに象になった。

「おっ!元気になりましたねぇ(笑)」

先輩の言葉一つ一つがエロくて興奮したのは今でも忘れない。

歯が当たって痛かったのも忘れない。

「ど・・・どうですか?」

この“どうですか”は、彼氏とサイズが一緒かではなく俺のが小さくないですか?って意味で聞いた記憶がある。

「うーん、ちょっと小さいかな・・・」

一瞬で萎えた・・・。

「あんまりフェラしないからフェラじゃわかんないや・・・入れてみないと」

一瞬でおっきした。

「いいいいいいれるんででですか?」

文にすれば読めるが多分先輩は何言ったかわからなかったと思うwww

それくらいどもってた。

「入れたい?(笑)」

「い」のとこで射精した。

先輩の口元につく白汁。

少量だったが人生初の顔射(正確には口射くらい)。

「こら!お姉さんに向かって何てことするの!!お詫びにお姉さんも気持ちよくしなきゃダメよ!!」

・・・と言われても何したらいいかわからん俺・・・素直に・・・。

「ど・・・どうしたらいいんですか?」

「あはははは!本当に真面目だね(笑)いいよ!お姉さんが手取り足取り教えてあ・げ・る。ちゃんと覚えて彼女にしてあげるのよ」

彼女にしてあげるのよと聞いて真剣に講義として聞き始めた真面目な俺・・・。

「まずはおっぱいよ。ブラの外し方は・・・」

と言ってる最中にブラ外した俺。

「思ったよりすんなりできたね!次はゆっくり揉んで」

先輩の胸をゆっくり揉み始めた。

小さかった!

もみ始めたっていうか・・・もむ肉がほとんどなかったwww

摘む感じだった。

「あぁん。そのまま乳首をコリコリしたり、舐めたりして」

言われるがままに乳首を摘む!

胸に対して乳首はデカかった!

舐めごたえも抜群だった。

「はぁぁダメ~。お姉さんエッチになっちゃうぅ」

「あ!ダメですか?」

・・・と真面目に取り止める俺。

べつに焦らしではない。

「ダメよ止めちゃ!」

「え?」

「女の子がダメっていうのは気持ちよすぎでダメってことなんだから、そういう時は止めないの!」

「はい・・・すみません」

「すみませんと思ったらもっと舐めるのよ」

先輩は胸を攻められるのが好きらしく、延々と胸を攻めさせられた。

舌が痛くなったのはいい思い出。

「も・・・もうぐちょぐちょよぉ!入れて!入れてぇ」

先輩の口調が早かったので焦ってコンドームを準備する俺。

「そっか・・・コンドーム有だとここで冷めちゃうわね」

意外と冷静な先輩を見て、女ってのはわからんなと思ったな。

「いいわ!お姉さんがつけてあげる!」

そういうと俺からコンドームを奪いフェラしながら封を開け、すぐつけてくれた。

「さぁ!!お姉さんの中に入ってきなさい」

遊具の段差を使って俺の入れやすい位置でM字で構える先輩へ、俺は勢いよく入れた。

そして出たwww

「あぁあん!早いぃぃ(笑)」

こんな早さはマンガの世界だけだと思っていた分、ショックもデカかった・・・。

「もっと鍛えないとだめね(笑)」

先輩も結構ズバズバ言ってくる。

「でも、さっきみたいにまたすぐ大きくなるわよね!若いし!」

若いと言っても一個しか違わないのにずいぶんと大人な女性に見えたあの当時。

案の定すぐ大きくなり二回戦を始めようとした時・・・。

謎の声「おーい!!」

2人とも驚き、下半身裸で2人して逃げ出した。

先輩も興ざめしたのか・・・

「びっくりしたねぇ(笑)今日は遅いから帰ろうか?」

「なんか先輩が不完全燃焼ですみませんでした。また指導よろしくお願いします!」

「指導って(笑)面白いね」

「?」

そして、俺の脱童貞物語は終わった。

その後、2、3回会って指導受けたぐらいで先輩は社会人になってバイトを卒業した。

それ以来会ってない。

俺は先輩から教わったことをフルに活かし、彼女との初交為を付き合って半年後(予定よりかなり早いけど)にした。

その時にずいぶん手慣れてると言われ、素直に「先輩から君に喜んでもらおうと指導を受けた」とバラし、ビンタされてその場で別れたのは遠い日の青い思い出です。


[PR] 会員数日本最大級!老舗の出会いコミュニティサイトPCMAX(18禁)
童貞だからこそ「会いたい♥」という女性もいるようです